チューター活動

ボランティア・チューター活動で日本語で交流しよう!

ボランティア・チューター
週1回、日本人ボランティアとの交流ができます。
日本に在住している外国人から「日本にいても思ったより日本人と友だちになったり、交流したりする機会が少ない」とか「友だちはみんな同じ国の人で、学校以外ではなかなか日本語を使いません」という声を時々聞きます。日本での語学研修のメリットの一つは、日本人といろんなことを話すことです。大阪YMCA学院日本語学科では、それを実現するため、ボランティア・チューター制度を創り、日本人と会話する機会を提供しています。希望者には、週に一度、“チューター”としてYMCAに登録したボランティアの日本人が日本語会話を助けてくれます。日本のことや、自分の国のこと、または日本人の考え方や文化の違い、など、どんなことでも日本語で話し合うことができます。

ボランティア・チューターボランティア・チューターボランティア・チューター




学生とチューターさんにインタビュー

留学生:楊さん(台湾)に聞きました。

Q:チューターは、楊さんにとって、どんな人ですか?
A:とても優しい人です。いつも一対一ですから、家族のように感じます。まだ、たくさんわからない事があるので、チューターさんは私にとって『歩く辞書』のようでもあります。
Q:チューターとどんな話をしますか?
A:私は和食が好きですから、時々安くておいしい店を紹介してもらいます。生活に問題があるときは、相談にのってもらうこともあります。
Q:最後に、チューター活動についてひとこと!
A:チューター活動は、1週間に1回しかないけれど、一番楽しい時間です。チューターさんは、私の留学生活にとって不可欠な人だと思います。チューターさん、ありがとうございます!

チューター:熊本さんのお話


いつも新しい学生に出会うと、期待と不安が交差しつつ、 相手がチューターに何を望んでいるかと思い巡らせ、ストレートに尋ねる場合もあります。 学生には、日本に来る前に知っていた事、想像していた事と、実際の違いを聞いて、 新しい発見をする楽しみもあります。又、自国の良い点と日本の良い点を比較、指摘してもらったり、 食生活の違いなど、我々がメディアでは知り得ない事もあり、会話が弾みます。 常に心がけていることは、学生と向き合って考えることです。そのおかげかは分かりませんが、 卒業しても十数年、何かと連絡をとり続けている学生もいます。 このようなチューター活動を通し、行ったことのない国の若者と接することで、見解が広がり、 活力をいただいていると思います。

ボランティア・チューターボランティア・チューターボランティア・チューター




日本人との交流

交流の機会が豊富なYMCA日本語学校  

大阪YMCA学院では、積極的に日本人と交流する機会をつくっています。毎年、近隣の小学校、中学校、高校などの国際交流プログラムへの参加をしています。また、兵庫県の淡路島の人々と3日間ホームステイをしながら交流する「田舎の運動会」は、学生たちに大好評です。その他、YMCAの様々なイベントを通して、日本人の学生、ボランティアの人々と交流する機会を持つことができます。

こうりゅうかいこうりゅうかいこうりゅうかい
いなかのうんどうかいいなかのうんどうかいこんしんかい

ファミリーカーニバル

ファミリーカーニバルって?

 ファミリーカーニバルは、もともと留学生支援のためのバザーから始まったイベントで、毎年11月3日(文化の日)に大阪YMCAに関わる人々が一緒になって、いろんなお店やステージなどを出して、楽しい1日を過ごします。
 日本語学科では、毎年「国際屋台村」を出店し、自分の国の料理を作って販売し大好評です。この日の収益金のは、YMCAが関わる障碍者支援、国際平和活動、被災地支援など多くの目的のために用いられ、その一部日本語学校で学ぶ学生支援のためにも役立てられています。

メキシコりょうりかんこくりょうりタイりょうりベトナムりょうり


国際ボランティアグループ"WACHACHA-CLUB"


大阪YMCAの国際ボランティアグループ"WACHACHA-CLUB"は、日本語学科留学生の支援を中心にした活動をしています。入学歓迎パーティや、日本の文化を体験できる伝統行事を行って共に楽しい時間を過ごしたり、生活に必要な物品を安く提供する“ガレージセール”、さらには大阪YMCAの大きなイベントであるファミリーカーニバルでお国の料理を一緒に作って販売したりと、さまざまな留学生の支援のために楽しく活躍しています。

パーティバザーもちつき