教育目標・方針

日本語で可能性を広げ、未来を開こう!




●日本の大学や大学院、専門学校などで専門知識や技術を身につける。
●語学力を駆使して、国際的な仕事に取り組む。
●日本人と交流したり、日本文化を体験して、自分の世界を広げる。


このようなビジョンを実現するためには、日本語能力の向上が不可欠であるとともに新しい経験にしなやかに適応する他者に開かれた心が必要です。大阪YMCA学院日本語学科は、そのために必要かつ十分な学習カリキュラムやそれを実現する多様なコース、能力と経験の豊富な専門講師、質の高い授業と教材開発、そして最新の施設などの環境を整えるとともに、日本や世界の人々と交流し、相互に理解しあう場を提供します。さらには学習や生活において各自の状況に適切な指導を行います。
大阪YMCA学院日本語学科では、このように専門分野や日本社会や国際舞台で活躍できる日本語能力を養成し、世界のすべての人々に開かれた心を育みます。新しい自分の能力を発見することで、あなたの未来、可能性がはっきり見えてくるでしょう。

教育目標と方針

レベルの高い総合的な日本語能力を身につける

class
大阪YMCA日本語学校独自の教授法により、効率的に「聞く・話す・読む・書く」ための高いレベルの総合的な日本語能力の向上を目指しています。
大学や大学院への入学レベル、日本語能力検定試験1級合格レベル以上の能力を身につけることは勿論ですが、試験対策のためばかりではなく、日本での生活や仕事で使うための日本語の修得や日本文化、日本事情の理解も目的としています。

学習目的を達成し、最善の進路を見つけだす

すべての学生が主体的に学習や社会生活に参加し、日本で最善の進路を選択することを目指しています。
そのために能力と経験豊かで人格的にも優れた教師やスタッフが一人一人に必要な学習事項を適切に判断し、それぞれの能力向上に必要な学習方法を提供します。また、学習上の指導は勿論、進学・進路相談、日本での生活に適応するための指導、ビザ手続きなどあらゆる面で一人一人に適切な指導を実施しています。

異文化適応能力、コミュニケーション能力の養成

地域の日本人や他国・他民族の学友との交流を通して、異文化の中で生きる能力、世界で通用するコミュニケーション能力を身につけます。日頃お互いの意思が言葉で十分に伝え合うことはもちろん、思いがけないトラブルが生じたときにも、相手の立場を想像し、それを尊重ながら、誠実に日本語で自分の考えを伝えていくことができる力を育みます。

共生、平和のための日本語の使い手に導く

すべての隣人と共生し、ともに世界に平和をつくりだす人材の養成を目指しています。そのために、日本語学科の学校行事だけでなく、YMCAの多彩なボランティア活動への積極的な参加、活躍の場を提供しています。

教員

能力・経験が豊富で研究熱心なエキスパート

大阪YMCA学院の教員は、

①能力・経験が豊富です
日本で先駆的な大阪YMCA日本語学校での豊富な教授経験があるばかりでなく、ベストセラー教材『テーマ別/中級から学ぶ日本語』、『テーマ別/上級で学ぶ日本語』(研究社刊)の編著や、(財)日本語教育振興協会の補助金受給による教材開発研究など、その実績と実力には定評があります。

②常に研究・勉強熱心で新しいことにチャレンジしていきます
毎週、研究会を開いたり、毎日遅くまで教案について話し合ったりと、学生たち以上に勉強、研究熱心です。学生に必要なことを常に考察し、学習が遅れている学生のために補習をするなど学習者のために常に前向きです。また、1年に1度開催される各地のYMCA日本語学校との合同教師研修会では、大小さまざまなテーマで講演会や研究会を行い、最新の研究成果を分かち合っています。



総合日本語コース講師



実用日本語コース講師      

教育施設



school building 2002年に新築された美しい校舎は、大阪市のほぼ中心部に位置し、大阪市の最重要道路のひとつである谷町筋に面し、交通も非常に便利です。きれいで余裕のある教室は語学教室に最適。1クラスの定員は18名と(財)日本語教育振興協会規定である20名よりもさらに余裕をもった教育運営をしています。
pc_classlecture roomclassroombulletin




日本語授業の教室は、3階から6階まで全部で16教室、2階は式典や合同授業などでも十分余裕のある多目的教室となっています。
1Fロビーでは本校の学生に限り、無料Wifiサービスを利用することができ、自分のノートPCやスマートフォンなどで接続が可能です。カウンターには進学情報の収集やメールのチェックのためにPCコーナーも備えています。


PC cornerrobyemergency_map




大学や専門学校への進学のための資料を閲覧したり、将来の進路を相談したりするための進路資料・相談室では、PCによる情報収集もできます。また、教務室には、学習のための書籍はもちろん、進学のための資料も多数備えており、希望者はいつでも閲覧することができます。また、図書室も備えています。
屋上にはスポーツヤードがあり、昼休みにはバスケットボールやフットサルなどを楽しめます! また、交流会や夏祭りなどの会場としても利用することがあります。



info_roomrobysports yard




いままでの歩み

常に時代に対応し、変化していくYMCA日本語学校

school image

大阪YMCA日本語学校は、日本に国際化の波が押し寄せはじめた1969年、大阪周辺に居住する外国人のために日常会話の習得、日本文化理解を目的として開設されました。その後、日本で学ぼうとするアジアの留学生を受入れ、1985年には全日制コースを設置し、1989年には(財)日本語教育振興協会の認定校となりました。
以来、さまざま教育研究や教材開発を行うなど質の高い日本語教育を提供し続け、日本語教育において先駆的な役割を担っています。

これまでの主な歩み

1969 パートタイムコースを開設
1985 大阪市北区堂島で全日制日本語学科開講
1988 学生支援のための『留学生バザー』開催
同年 ボランティアチューター制度の開始
同年 大阪YMCA国際奨学金制度開始
1990 天王寺の「アベノYMCA学院」に全日制日本語学科開設
1990 『日本語の先生になるためのセミナー』開講
1991 日本語教科書『中級から学ぶ日本語』(研究社)出版
1993 堂島から弁天町「YMCAヴェクセル」へ全日制学科を移転
1994 日本語教科書『上級で学ぶ日本語』(研究社)出版
1995 日本語教材『上級ビデオ日本語教材』(NHK・凡人社)出版
1999 奨学金制度と並行して奨励金制度開始
2002 学舎新築(上町校)名称を「大阪YMCA学院 日本語学科」に変更
2003 日本語教科書『中級から学ぶ日本語・改訂版』(研究社)出版
   NPO・NGO団体関係者対象奨学金制度を開始
   キリスト教会教職者対象奨学金制度を開始
2004 学生寮“野の花寮”オープン
2005 ソウル連絡事務所“日本YMCA教育交流センター”開設
2006 文部科学省認可の「準備教育課程」設置
2009 「実用日本語コース」設置
2010 夏期集中コースにおいて「こども☆サマーコース」を実施

諸団体の日本語研修受託

各国政府派遣団体受け入れ

2000〜 US AIR FORCE士官研修(アメリカ政府派遣)
2004〜2007 オーストラリア日本語教師研修(オーストラリア政府派遣)
2008〜 British Council 中・高生日本語研修(英国政府派遣)

民間機関受け入れ

●韓国の高校生・大学生日本語研修
2006 ソウル外国語高校 日本研修(夏期集中)
2007 水原外国語高校 短期日本研修(夏期集中)
2008 東豆川外国語高校 短期日本研修(夏期集中)
2008〜 昌原南高校日本語研修
2010 光云大学校日本研修

●その他
1996〜 台湾 彰化YMCAグループ 夏期・冬期集中コース
2008〜 USAユタ大学学生夏期集中コース(仏教大学にて講師派遣)

研究開発などの実績

日本語教育振興協会教材研究開発等補助金受給
1991 『ビデオを使った上級教材の開発』
1992 『中上級学習者対象の語彙、分類、例文の作成』
1993 『日本語中上級学習者用例文集作成』
1994 『初級学習者用読み物教材の作成』
1995 『日本語上級学習者用語彙項目の効率的習得を目指したシステマティックな練習法の確立1』
1996 『日本語上級学習者用語彙項目の効率的習得を目指したシステマティックな練習法の確立2』
1995,96 『チューター制度/外国人学生に対するグループカウンセリングの可能性』
1997 『ネイティブスピーカーの知識を入れた導入と練習』
**************************************************************************************
2011 iPhone用日本語レベルチェックアプリケーション『日本語 Checker N3』開発